インターネットで医薬品を買うとき安心できるショップの見分け方

>

ネットで医薬品購入する際の注意点

メリットは何か

何より便利なのは、病院を受診したり薬局に行かなくてもインターネットで注文すれば自宅に配送してくれる手軽さでしょう。

仕事等で忙しい人は診療時間の受付や薬局の営業時間に間に合わなくて薬が欲しくても手に入れにくい場合もあります。
住んでいる環境から店舗が遠い場合も、わざわざ遠くまで買いに行かなくても宅配してくれると助かります。
小さい薬局などでは取り扱っていなかったり、デリケートな医薬品の場合は店舗で買うのがちょっと恥ずかしかったりして簡単に入手できない医薬品もインターネットなら探しやすいかもしれません。

困った時や確認したい事があれば実店舗同様に薬剤師などに問い合わせることができます。
インターネットの場合はメールでやり取りできるのも安心ですね。

デメリットは何か

メリットの裏にはデメリットも存在します。

インターネット上で購入できる医薬品は法の改定で広がりましたが、全ての医薬品ではなく、医療用の医薬品や要指導医薬品は購入はできません。

また特に注意したいのは適当な営業をしているショップで購入したり、適当な感覚で医薬品を購入してしまう事です。
薬は一歩間違うと命の危険もあります。
命の危機まではいかなくても嘔吐や下痢の症状も辛いですし、副作用が自分の身に起きたと考えたら怖いですよね。
インターネットでの購入や販売は便利であっても、適当に扱って良いのとは違うという認識でなければなりません。

どんなショップが安全か見極めが難しいと感じるかもしれませんが、法律が安全に販売できると認めているのは実店舗と、薬剤師もしくは登録販売者の存在があるショップだけです。
正しく販売しているサイトなら薬局又は店舗の管理及び運営に関する事項の記載は必ずあるはずです。