インターネットで医薬品を買うとき安心できるショップの見分け方

>

医薬品をネットで購入する

どんな医薬品が購入できるのか

インターネットで購入できる医薬品は数多く存在します。
薬機法では安全に使用できるように成分が調整されていますが、インターネット上には海外サイトや個人輸入による薬機法外の医薬品も出回っています。

薬はただでさえ副作用のリスクを伴うものなのに、偏った薬の知識で成分の強い物を求めるのは危険な行為です。

また知らずに購入してしまわない為にも、どんな医薬品が購入できるのか知っておく必要があるでしょう。

第1類医薬品の例はH2ブロッカーを含むもの、禁煙補助剤、全てではありませんが育毛剤も含まれるものです。
第2類医薬品例では風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、解熱剤、咳止めシロップなどが該当します。
第3類医薬品の例はビタミン剤や整腸剤、目薬などで、それほどリスクの少ない物が該当します。

医薬品をインターネットで購入するなら

手軽に購入できて便利なインターネットですが、医薬品を購入するなら確認しておきたい事があります。

まず重要なのは、その医薬品は自分の症状に合っているのかを用法や用量も含めて使用上の注意をしっかり確認しなければなりません。
アレルギーのある人は特に注意して確認する必要があります、

また、購入する店舗の信憑性も重要です。
医薬品は風邪薬等なら気にならないかもしれませんが、中にはデリケートな物も購入する事があるでしょうから個人情報は適切な管理が求められます。
医薬品を販売するには薬によっては登録販売者がいれば大丈夫ですが薬剤師がいなくてはなりません。
記載はちゃんとされているかも確認しましょう。

薬局やドラックストアの実店舗で購入するよりも慎重さが求められます。