インターネットで医薬品を買うとき安心できるショップの見分け方

>

インターネットで医薬品を購入する

薬機法とは何か

扱い方や服用方法などを誤ってしまうと薬の効果が発揮されないだけでなく、命にかかわるような副作用が起こる事があります。

副作用は薬のパッケージにも記載されているように、喉の渇き眠気などの軽いものから、腹痛や蕁麻疹や嘔吐など急性アレルギーによると思われる症状、時には呼吸が苦しくなる、意識が薄くなる、肝機能障害など生命の危機に陥るような状況になってしまう場合もあるので軽く考えてはいけません。

また、そのような事にならぬよう、安全に適切に医薬品を利用できるように薬機法という法律で守られています。
薬機法では医薬品を開発するところから製造段階、流通から使用されるまで、最初から最後まで厳しく管理されているんです。

一般医薬品には3つに区分されている

一般医薬品を使用するのは年齢も性別も体質も違います。
皆が安全に使用できるように効き目を調節して作られているのです。

また一般医薬品と呼ばれる薬は3つに分類がされています。
第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3つの区分は、薬のリスクの判断基準にもなります。

薬によって効き目の強さ、即効性、薬品の性質等が違い、強い薬ほど効果が期待できる反面、副作用などのリスクも高くなることがあるので取り扱いにも注意が必要です。

第1類医薬品は市販薬の中では副作用のリスクの高さが最も心配される分類で、薬剤師の管理下でないと販売することが出来ません。
第3類医薬品は副作用のリスクの心配は少なく、コンビニでも手軽に購入することができます。